花屋の心意気

e0118257_1534545.jpg
今年のクレマチスシーズンもそろそろ 終わりが近くなってきた。
仕入も 最終を迎える頃だ。 今年は 少なめだと聞いていたが、
良いものが多かった。

ウチみたいな 小さな店でも 今年は去年とはくらべものにならないくらいの
数のクレマチスを迎えることが 出来た。
そして それは それぞれ クレマチスをこよなく愛してくれる方々のところへ
お嫁に行った。

みなさんからの 喜びの声を聞くと どの子も 幸せに花を咲かせるのだろう・・・*
と 安心する。

・・・・・一昨日 市場から また8鉢のクレマチスがウチに来た。
もう 抑えていこうかな・・・なんて いっていた 旦那クンだったのに
ありゃ また たくさんのクレマチスねぇ~・・・と思ったら。
わけがあったらしい。

今年 お世話になった クレマチスの生産者さんの鉢が セリで暴落していたというのだ。
正直 私には 詳しくは分からないが (詳しく書き込むと それはそれでヤバイ話なのかも
しれないし。笑) とにかく 旦那クンは 出来る限り その山を買い込んだらしい。
彼の中の適正な価格で。 (それは セリ人にも 伝わったんだろうか・・・。)

旦那クンは その すばらしいクレマチスの生産者さんに 敬意をこめて 鉢を買った。

これだけの クレマチスを育て、咲かせることは 並大抵の努力と知識だけでは 無理だ。
最高の肥料に 環境。当然 経費もかなりかかるであろう。 生産者とは 大変な仕事だ。

それだけの 価値を考えて セリ人も生産者さんから仕入れる。
そして 適した価格でセリ人が出し、 花屋がセリ落とす。

仕入は安いほうがいいに決まっている。 でも それだけじゃない。
生産者とセリ人と花屋とお客さんと・・・・・みんな つながっている。

うまくいえないけど・・・この 花を作ってくれた 生産者さんに 感謝したいのだ。

フランスのフラワーアーティストのエリック・ショーヴァンさんは 良い花を作る生産者さんを
守るために 同じ種類の花でも 各 生産者さんの花を買うと言っていた。
その 気持ちと同じだ。
「守る」なんて おこがましいかもしれないけど・・・この心意気は 分かって欲しい。な*
(そのため???に 旦那クンは車をキューブからボクシーに変えた。笑)

生産者さんの気持ちのバトンを受け取るべく 花屋は花を仕入れ それを好きになってくれた方へ またバトンが続く。

花の命は こうやって ずっと 続いていくんだね・・・*
[PR]
# by petit-jardin | 2007-06-01 15:37 | ガーデン・コレクション


海老名から素敵なお花をお届けする 小さなプランツ・ネットショップ「ジャルダンドゥヴィオレ」より 日々のお知らせを・・・*


by petit-jardin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ネットショップご案内・・・*

*ジャルダン ドゥ ヴィオレのFB*

※現在は ネットショップとして活動致しております。 
お問い合わせはメールよりお願い致します。
(原則 メールでお願い致します。お電話でのお承りは 9時~17時の間のみになります。ご了承下さい。)

*ジャルダン ドゥ ヴィオレのオンラインショップ*

お問い合わせはこちらへ・・・*

カテゴリ

全体
*ジャルダンよりお知らせ*
クレマチス
アジサイ・秋色アジサイ
ガーデン・コレクション
ドライリース・アレンジ
ビオラ・パンジー
クリスマスローズ
ジャルダンのクレマチス物語
スミレまつり*
* Hand made*
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

検索

タグ

(315)
(269)
(227)
(182)
(116)
(107)
(98)
(97)
(89)
(40)

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧